30代サラリーマンが読書会で得られる3つのメリット

30代サラリーマンが読書会で得られる3つのメリット

こんにちは!「未来に向けた小さな一歩を」ミラプロ読書会のGondoです。東京・川崎・横浜で読書会・朝活を主催しています。

今回はタイトルの通り「30代」「サラリーマン」の方に向けて読書会の参加で得られる価値について記事にしました。

何を隠そう、僕も30代。読書会に参加していた頃に感じたメリットをそのまま書きました。

読書会参加の3つのメリットって何?

①会社と家の往復では出会いない方と交流が持てる。

②読書会に参加する為に、仕事の生産性を上げようと意識が高まる。

③自分のこれからを見直すきっかけとなる。

1つ1つ解説していきます。

①会社と家の往復では出会えない前向きな方と交流が持てる。

30代になると、それなりに会社でのポジションがあり、仲間がいて、居心地が良くなっている頃ではないでしょうか?

しかし、居心地の良さが厄介なのです。社内での会話で、「前向きな」「将来のコト」を話す機会はありますか?私はありませんでした。

そういった話が出来そうな飲み会の場だと、会社・仕事・上司・同僚・部下の愚痴・悪口ばかりでうんざりしてました。

「なんてお金と時間の無駄なんだろう」と。

そんな時に出会ったのが朝活で行われている読書会です。

読書会には様々な方がいらっしゃいます。それでも共通点があります。それは「何かを学びたい・何かを変えたい・何かを得たい」と前向きな事です。

ここでは愚痴なんてありません。常に前向きな話題ばかりです。

周りの方の話を聞いているだけで大きな刺激を得ることが出来ました。

②読書会に参加する為に、仕事の生産性を上げようと意識が高まる。

30代は部下がいたり、家族がいたりと何かと自分の仕事以外で時間を使うことが多くなります。

さらに上司との調整、重要な取引先を任されるなど難しい案件も増えます。意外に自分でコントロール出来る時間が減っていくのです。

その中で良い成果を出し、プライベートを充実させていくには、仕事の生産性を上げる事が大切です。

生産性を高める一番の方法は「予定を入れる」事です。

朝活の読書会であれば、朝活で脳を活性化させた状態で仕事に望むことが出来ます。さらに前日の夜の過ごし方が変わります(無意味な飲み会を断れたり、ダラダラと夜更かしする事がなくなったり)。

夜活の読書会であれば、その時間に間に合わせるまでに仕事を終わらせる必要があります。仕事への意識が変わります。「どうやったら時間内に仕事を終わらせられるだろう?」と自分に問いかけ出します。

その質問こそが生産性を高めるカギです。そのきっかけを与えるのが「読書会」という予定なのです。

③具体的な行動への足掛かりになる

30代を迎えて「このままサラリーマンで人生終えていいのだろうか?」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

私は31歳の時、そう考え始めました。

けれども「どうしていいかわからない」「何をしていいかわからない」というのが本音でした。

もやもや迷っている時に私は読書会に出会いました。

そこで出会った人と話をし、意見を聞き、活動を見る中で、

「自分はこうしてみようかな?」

と行動するきっかけをもらいました。

実際に動いている人、活動している人から刺激を受けるのが、自分を行動へとつなげるポイントです。

まとめ

3つのポイントをまとめると、

「日常では味わえない刺激によって現状を変える為のきっかけになる」

ということになると感じています。

①会社と家の往復では出会いない方と交流が持てる。

②読書会に参加する為に、仕事の生産性を上げようと意識が高まる。

③自分のこれからを見直すきっかけとなる。

どれか1つでもメリットに魅力を感じたら一歩踏み出してみましょう。

全国にはたくさんの読書会が存在します。まずは自宅か、会社近くの読書会を検索してみて、「えい、や!」と飛び込みましょう♩


未来プロフィール読書会には気軽にご参加頂くことができます。東京・川崎市・横浜で開催中です。開催日程や詳細はこちらをご覧ください。
未来プロフィール読書会開催日程


FOURCLOVER’Sでは「コミュニティを“選ぶ”から“創る”時代へ」として、コミュニティ創り・運営のお手伝いをしていおります。お気軽にお問い合わせください。
問い合わせ


代表のGondoによるオンラインサロン「GO・ON・DO塾」を開講しています。コミュニティ企画・創設・運営を直接学びたいという方におすすめです。
オンラインサロン「GO・ON・DO塾」