日本人に必要なリーダーシップを説く「採用基準 伊賀泰代」


おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。

今回は伊賀泰代氏の「採用基準」を紹介します。

筆者のマッキンゼーでの経験を通して感じた、日本が力を入れるべき能力について書かれています。

「採用基準」を読むきっかけ

読書会へ参加した時に主催者の方から読むべき本リストを頂きました。その中の一冊です。

おすすめ本からの学び

リーダーシップの重要性や日本と世界が理解するリーダーシップという言葉の概念の違いを学びました。
 
これからの時代に必要なリーダーシップは、日本の環境が悪いなどと悠長な事を言っている場合ではなく、自分で能力開発して身につけていく必要があると痛感しました。

1冊1アウトプット

ミーティングをの達成目標を参加者達が明確に理解する為の図をビジネスで取り入れる
➡せっかくミーティングを行っても、参加者が「何の為にミーティングをしているのか」がはっきりしていないと、アウトプットがあいまいになります。「何を議論したいのか・何を決めたいのか・誰に何をお願いしたいのか」を明確にした図を開始前にはっきりさせる事でより、質の高いアウトプットが出来ます。

本書内での伊賀泰代氏名言

「マネージャーに昇格する人は、マネージャーとしても十分なリーダーシップをすでに発揮しているからマネージャーに昇格するのです」
 
「メンバーがついてくるかは、成果を出すことにメンバーがどれほどコミットしているか、みんながどれほど重要だと思っているかにかかっている」
 
「多様な個性の人が集まったチームでは、リーダーは常に言葉で伝える事が求められてる」
 
「重要な事は、個々人が与えられた枠の中で生きるのではなく、自分自身の力で人生を設計出来るようになる事です 」
 
伊賀泰代

こんな方におすすめ! 

店長・マネージャー・チームリーダーなど大小関係なくチームを引っ張る立場にいる方 

まとめ

グローバルリーダーシップを身に付ける必要性を強く感じました。子供への教育は最優先で取り組んでいかなければ世界から遅れをとってしまいます。(既に遅れている。。。)
 
環境によりリーダーシップが育まれやすい事はあります。ただ、日常でもリーダーシップをとる事は十分に出来ると本書は説いています。
 
まずは仕事やビジネスだけでなく、身の周りで出来るリーダーシップを取っていきたいと思います。 

アウトプットに最適な読書会

皆さんも読書の内容をシェアしてみませんか?
 
「ただ本を読んでインプットするだけは物足りないな。。。」
 
そんな方におすすめなのが読書会です。
 
「読書会って何?どんな事をするの?」
 
読書会の概要や日程のページをご参照下さい。
 
もちろん読書を個人だけで楽しみたい方はスルーして頂ければと思います。
 
皆様のご参加をお待ちしております!
 
 

コメントを残す