すべてのビジネスはシェアになる!『The Mesh リサ・ガンスキー』

 
 
 
おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。
 
本日はシリコンバレーの起業家リサ・ガンスキー氏の著書『The Mesh』を紹介します♪
 

“すべてのビジネスはシェアになる!『The Mesh リサ・ガンスキー』” の続きを読む

100年時代の人生戦略『LIFE SHIFT リンダ・グラットン』

おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。

今回はおすすめ本『LIFE SHIFT』の紹介です♪
 

『LIFE SHIFT』はこんな方におすすめ

「100歳まで生きる」事をベースに自分の人生をどう歩んでいくべきかを書いてくれています。自分自身に対してもそうですが、これからの世代とその教育者の方(親、先生、指導者)の方々は若い世代にどのような考え方が必要で、どのように人生を選択していくかを示せるのでぜひ読んでほしいです。

学びときづき

・私が昨年度感じた危機感はまさに「ありうる自己像」と「今の自分」に大きなギャップを感じたからでした。また、ギャップを感じてから行動しようとすぐに「移行期間」に移れたのは心理面での「無形資産」が整っていたからだとも理解できました。
 
・現在従事している会社では、携帯キャリアのショップを運営しています。よく店長から「スタッフ」の定着率低下を相談されます。なぜ、スタッフの定着率が低下しているのか、またそれが突然に起こるように見える(実は本人の中ではゆっくりと進んでいるが見えない)のかがわかりました。スタッフの心理的変化を知るためには、定期的な個人面談で本人の将来についての考え方に耳を傾け、本人の移行プロセスを応援するとともに、会社にとどまることで得られる事をはっきりと伝えなければいけないと感じました。

リンダ・グラットン氏の名言

ありうる自己像が現状の自分の姿より魅力的に見え始める事が出発点になる。そのギャップを認識する事で行動の背中が押される。
 
『私は何者か?』『私はどのように生きるべきか?』という問いに答えられるのは、結局のところは本人しかいない。人生が長くなれば、これらの問いは無視できないものになる。
 
計画と実験は、人生に目的と個性を生み出し、アイデンティテイを形作る心理的連結性をもたらすのだ
 
私たちを次の地点に導き、どのように移行を成し遂げればいいかを明らかにするには、実験なのだ。実験と探求は、一人の人間の人生を貫く要素の一部をなすものである
 
 
リンダ・グラットン

1冊1アウトプット

・ブログ記事に引用
・人生設計の考え方の前提が変わった

まとめ

100年生きる事を前提にするといくつもの移行プロセスが当たり前にあります。
 
そう考えると、一つの場所(職場)にしがみつかず、新たな事にチャレンジする事が大切なんだと感じました。
 
それが普通と考えれば、会社を辞めて起業しようとする自分に対しても勇気が持てました。
 
どんな方にも当てはまる可能性のある内容なので、ぜひ一度読んで頂ければと思います。
 

未来プロフィール読書会

読書会で新しい本との出会いを経験しませんか?
 
「ただ本を読んでインプットするだけは物足りないな。。。」「どんな本を読んだらいいの?」
 
そんな方におすすめなのが読書会です。
 
「読書会って何?どんな事をするの?」
 
読書会の概要や日程のページをご参照下さい。
 
皆様のご参加をお待ちしております!
 
 

未来プロフィール読書会日程

自分を持つ大切さを説く『何を捨て何を残すかで人生は決る 本田直之』

おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。
 
本日は、本田直之氏の『何を捨て何を残すかで人生は決る』をおすすめ本として紹介します♪
 
 

“自分を持つ大切さを説く『何を捨て何を残すかで人生は決る 本田直之』” の続きを読む

1万円起業 クリス・ギレボー (本田直之訳)

おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。

今回のおすすめ本はクリス・ギレボー氏(本田直之訳)の『1万円起業 』です。

“1万円起業 クリス・ギレボー (本田直之訳)” の続きを読む

他者性を尊重し自己正当化の箱から抜け出す『自分の小さな「箱」から脱出する方法 』

おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。

今回のおすすめ本はアービンジャー・インスティチュート氏の『自分の小さな「箱」から脱出する方法 』です。

“他者性を尊重し自己正当化の箱から抜け出す『自分の小さな「箱」から脱出する方法 』” の続きを読む

日本人に必要なリーダーシップを説く「採用基準 伊賀泰代」

おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。

今回は伊賀泰代氏の「採用基準」を紹介します。

筆者のマッキンゼーでの経験を通して感じた、日本が力を入れるべき能力について書かれています。

“日本人に必要なリーダーシップを説く「採用基準 伊賀泰代」” の続きを読む

2020年のビジネス『挑戦する会社 世界を変えるビジネス実践法』 神田昌典

おはようございます!FOURCLOVER’SのGondoです。

今日は神田昌典氏の『挑戦する会社 世界を変えるビジネス実践法』の紹介です。

『挑戦する会社 世界を変えるビジネス実践法』を読むきっかけ

起業する上のアイデアをインプットする為に神田昌典氏が未来について書いている本を読んでみたいと思い手に取りました。

学び

これからの潮流やトレンド、それに合わせてビジネスを考える上での稼ぐ仕組みを知ることが出来ます。コミュニティビジネスの考え方は必見です。

1冊1アウトプット

私の「人々のコミュニケーションをサポートする」 というコンセプトはこの本から生まれました。

名言

稼げる機会を探したり追いかけたりするのではなく、稼げている現実が「すでにある」ことを感じること

イノベーションを起こす過程においては、ビジネスモデルを先に考えるよりも、現場の声、お客様1人ひとりの声を聞く必要がある 神田昌典

こんな人におすすめ!

・これからビジネスを起こそうと考えている人

・既存の会社での利益が頭打ちで新しいビジネス形態を探している方

まとめ

神田昌典氏の切り口にはいつも驚きと発見がたくさんあります。 考え方の幅を広げる為にぜひ読んでみていただければと思います。

アウトプットに最適な読書会

皆さんも読書の内容をシェアしてみませんか?
 
「ただ本を読んでインプットするだけは物足りないな。。。」
 
そんな方におすすめなのが読書会です。
 
「読書会って何?どんな事をするの?」
 
読書会の概要や日程のページをご参照下さい。
 
もちろん読書を個人だけで楽しみたい方はスルーして頂ければと思います。
 
皆様のご参加をお待ちしております!
 
 
 

ITと読書が見事に融合!『リーディング3.0』本田直之

こんには!FOUR CLOVER’SのGondoです!

今日はレバレッジシリーズでおなじみの本田直之さんの読書本『リーディング3.0』の紹介です。

 

“ITと読書が見事に融合!『リーディング3.0』本田直之” の続きを読む

おすすめ本『モチベーション3.0』著者 ダニエル・ピンク

こんにちは!FOUR CLOVER’SのGondoです。

今日はおすすめ本をご紹介します!

ダニエル・ピンク氏が2010年に書いた『モチベーション3.0』です。

“おすすめ本『モチベーション3.0』著者 ダニエル・ピンク” の続きを読む

【書評:ビジネスマンのための「発想力」養成講座】

こんな人にオススメ

『20代の社会人2年~3年目のビジネスマン』に読んでほしい!
・仕事に慣れてきた段階で、インプットの量と質を高めて、アウトプットが出来るようになるから。
・責任を持つ事で関心が生まれるが、会社環境によってはそういった機会に恵まれない事が多いから。
・知識の引き出しを増やせるよう、関心の幅を広げる為。

ポイント

・見える力は機会→関心→仮説→検証のプロセスによって鍛えられる。
・問題解決は問題発見能力を高める。
・責任を持つと必然と関心が出る。

自分自身のアウトプット

・本を読む時に仮説を立てて読む。
どういった仮説を立てるかはその時々によって違います。(筆者の主張は?どんな人におすすめ出来る本か等)

その際に先に見る見る情報としては「題名・前書き・あとがき・目次」です。それを読んで仮説を立てます。

仮説は本の1~2ページ目にある中表紙あたりに書いています。

最後に

コンパクトにまとまっている本なので、読書に慣れていない方でも読みやすいと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます♩ご意見、ご感想ございましたら、問い合わせフォームからお願い致します。

筆者:小宮一慶

 

【書評】『ビジネスマンの為の発想力養成講座』

新しいアイデアを生み出だす必要があるこんな疑問を持つビジネスマンにおすすめ!

・そもそもアイデアってどうやって生み出すのか?
・アイデアを生み出すのに理論は必要なの?
・具体的に取り組んだ方が良い事はなにか?

“【書評】『ビジネスマンの為の発想力養成講座』” の続きを読む

【書評:あなたもいままでの10倍速く本が読める】

読書に関してこんな疑問を持つ方におすすめ!

・読書は書いている内容を全部理解しないとだめなのか?
・質の高い読書をするにはどうしたらいいの?
・大量の文献や書籍を短期間で読破しなければならないがいい方法はないか? “【書評:あなたもいままでの10倍速く本が読める】” の続きを読む

【書評:ストーリー思考】

神田昌典さんが開発した
『フューチャーマッピング』について解説した本。

目標を達成する為のアプローチとしては、
今まで読んだ本の中でここまで『これだ!!!』と
思わせてくれるものはありませんでした。

 

物語を課題解決に組み込む事で、
自分の中で思いもよらなかった解決法が出てきます。

現実の分析から未来を生み出すには限界があります。
現実の延長線上の答えしか出てきません。

フューチャーマッピングは
『全く予想しなかった新しい未来』を物語の力で、
生み出していきます。

私も実際に、9月に講師として講演する機会があるのですが、
「成功に導くにはどうしたらよいか」という目標に対して、
フューチャーマッピングを作成してみました。

現実の分析だけでは出なかった新しいアプローチ方法を
思いつくことが出来、実行に向けて不安よりもワクワクしている状態です。

おすすめの書籍なので是非読んでみてください!!