第4回コスギ・サンドボックス~おとなのあそび場~

第4回コスギ・サンドボックス~おとなのあそび場~

おはようございます!FOURCLOVERS(フォークローバーズ)のGondoです。

7月29日に未来プロフィール読書会のオフ会、通称『コスギ・サンドボックス~おとなのあそび場』を開催しました!

4月から開始して第4回目です!本日は5名で行いました。会場は川崎市中原市民館です。

プログラム

①コスギ・サンドボックス 9:15~12:00
②ランチ会 12:30~

◆流れ
①主催者挨拶と今日の流れ
②自己紹介
③個人テーマ(各30分〜45分程度)
・菊池さん【皆で小説を作ろう!パート2】
・佐藤智美さん【お金の価値を考えよう】
・佐藤一臣さん【1分間スピーチ】

皆で小説を作ろう!パート2

皆でブレスト形式で小説を考えていくワークショップです。今回で2回目です。初回のブレストで『起承転結』の『起』のアイデア出しを終えて、今回は『承』の部分を考えます。

前回の内容をまとめてすでに小説の形にしてくれたものを事前に提供していただいたので、その続きとして考えました。

初回は全く何もないところでのブレストだったのではちゃめちゃ?でしたが、今回はスタートの内容が決まっていたので路線が大幅に外れることなく、適度に自由なブレストとなりました。

自由にアイデアを出すのって楽しいですよねw

次回は『起承転結』の『転』の部分になります。

さらにどんな展開の小説になるのか楽しみです。

お金の価値を考えよう

テーマ提案者の佐藤智美さんがなぜこのワークショップをやろうとしたかと言うと、「お金をもらうことに抵抗がある子どもが多い」というのが理由です。

「チャイルドリンカーン」というイベントを8月に開催します。子どもが自分の得意、好きな事をワークショップにする企画をたて、開催まで行うというものです。

そこで運営費としてお客様からお金をもらうのですが、子ども達が意外にお金をもらうことに抵抗を感じているようです。

そこで今回のワークを子ども達にやってもらうためにまずは大人で実験!ということですw

実験大歓迎です♪

人それぞれお金を使うときに抱く感情は様々でした。一部をあげますと、

・なるべく伝いたくないという気持ち
・精神的な喜びを感じるかを判断している。
・使うときは「いってらっしゃい」もらうときは「おかえりなさい」

佐藤さんがまとめでおっしゃていました言葉が印象的でした。

「お金の出入り口(払う・もらう)で抱く感情は同じ。もらうときに罪悪感を感じるときは、払うときにも罪悪感を感じている。だから払うときに感謝をこめることで、もらうときにも感謝の気持ちでお金を受け取る事ができる。それを子どもに伝えたい」

まさにそうだと思います。最初は意識的でもお金を使うときに感謝で払うようにしたいですね。

1分間スピーチ

テーマ提案者の佐藤一臣さんのワークショップです。前回は『1分間自己紹介動画を作ろう』を行ってくれました。

今回のスピーチは急に与えられたテーマに対して2分間で考え、1分間で話す!というものです。聞いただけで難しそう。。。

配っていただいた資料の説明文を一部引用します。

「自分なりの意見をもてたらすごいと思いませんか?しかも、それを誰でも即興で1分間で表現できるとしたら?これを身につければ、どんな舞台でも”あなたらしさ”を見せる事ができます。(中略)この即興一分間スピーチは、”喜劇王チャップリンが若いときに、友人としていたスピーチ訓練法です」

短い時間で考えて、短い時間で簡潔にしゃべる。習得できたらすばらしい能力ですよね。

実際にやってみると難しいけど、考える時間がないのでインスピレーションで書き上げるしかないので文章自体はできました。

逆にどれだけ考えてもそれ以上の事はでてこないのかも?と思いました。

1分間という時間も長いようで短い!

常にこれぐらいで簡潔にしゃべるように意識できたら良いですね。

他の方が即興スピーチを発表するところも参考になる部分が多かったです。

感想

今回で4回目を向かえたオフ会こと「コスギ・サンドボックス」ですが、毎回主催者ながら楽しんでいますw

「皆で小説を作ろう!」もパート2で回をまたいで続いていますし、ワークショップ提案を引き続きしてくれる方もいてうれしい限りです。

今のところ皆さんが「試したい!やってみたい!」ということがある限り私の出番はありませんが、皆さんが楽しそうにワークショップをやっているところを見ると自分もやってみたいというう気持ちになります。

あくまでもこの場は「交流」メインでワークショップも「試す」ことが前提です。ぜひ気軽に自分の「試してみたい!」を表明してくれればと思います。

ご案内

▲最後はいける人でランチ会♪

コスギ・サンドボックスは未来プロフィール読書会に参加された方、またはその方の紹介での参加可能にしております。

オフ会という位置づけですが、『おとなのあそび場』として「自分の得意、好きをテーマとして皆の前に出してみたい!」という大人の欲求をかなえられる場になっています。

テーマ発表しても、それを聞いているだけでも楽しめる会です。

ぜひ一緒に遊びましょう!!

※初めての方はまずは未来プロフィール読書会へ参加をお願いします。