【書評:ストーリー思考】

読書 本 書評

神田昌典さんが開発した
『フューチャーマッピング』について解説した本。

目標を達成する為のアプローチとしては、
今まで読んだ本の中でここまで『これだ!!!』と
思わせてくれるものはありませんでした。

 

物語を課題解決に組み込む事で、
自分の中で思いもよらなかった解決法が出てきます。

現実の分析から未来を生み出すには限界があります。
現実の延長線上の答えしか出てきません。

フューチャーマッピングは
『全く予想しなかった新しい未来』を物語の力で、
生み出していきます。

私も実際に、9月に講師として講演する機会があるのですが、
「成功に導くにはどうしたらよいか」という目標に対して、
フューチャーマッピングを作成してみました。

現実の分析だけでは出なかった新しいアプローチ方法を
思いつくことが出来、実行に向けて不安よりもワクワクしている状態です。

おすすめの書籍なので是非読んでみてください!!

 

 

 

 


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.